墓石などについて

納骨堂をつくるさいにもお寺も決して墓石などを捨てて、しまっているわけではなく、地下室などに、安置するような形でおいているという風に、言われており、このような大きな変化に慣れることができるのも、都会で暮らしている現代人の特徴なのかもしれませんが、多くの人は、戸惑いを感じる部分は、あるかもしれません。しかし、最近では、お墓を建てるときがほとんど少なくなってきている、というようなこともあげられており、このような、納骨堂を建てるような形で、土地代を安く済ませるような動きが、今後も、一気に加速していくという予測が、立てられているような気がしますから、利用者としては、注意しておく、必要があると言えるのかもしれません。しかし、外にお墓を建てて、そこに参拝してきた人にとってみれば、納骨堂が急激に、ここまで増えてしまっていることは、やや不信に思われる点はあるのかもしれません。確かに、急にスタイルが変わってしまった結果、お墓や亡くなった人を弔うというものを、ビジネスとして捉えすぎてしまっている感は、否めない訳で、このような中で、どのようにして、解決をしていくのかということは、やや難しい問題であるというふうに、考えられなくもないのではないでしょうか?ひとつずつの問題を、コツコツ解決しておくことが、負担を減らすと言われているお墓に関する問題においては、自分自身が、面倒を追うことを嫌がるという人も、多いわけですが、納骨堂の場合には、ほとんどの作業を、業者が肩代わりして、やってくれるわけですから、積極的に相談に行くなどして、どのように利用することができるのか、ということを聞いてみるのもいいのかもしれませんし、そのようにしておくと、自分自身の娘や、孫などといった、下の世代への負担を減らすことができる、という点も、何より魅力的であるという風に言える可能性はあります。