宗教と納骨

納骨堂が増えているということを、全く宗教色がなく、考えるのは、無理があり、納骨堂を増やす、ということは、現代において、仏教の考えを広めるということにも、一役、買っているということは、確実に言えるでしょう。納骨堂が増えた結果として、ビルの合間などに、そのような文字などを見かけることも多くなってきており、仏教の教えを、結果として、広めることにも、繋がっているということは、現代ならではの、宗教の広め方である、という風にも言えなくもない、と言えるのではないでしょうか。最近では、お寺などが、檀家の減少によって、大幅に収入を減らしてしまい、生活しておくことは、非常に困難になってしまった、というようなニュースを多く聞くことがあると思いますが、このような、現象を補うような形で、スタイルを変えて納骨堂を建てる、というようなケースも、一般的になってきているというふうに聞いたことがあるような気がします。残念ながら、このような動きが、経済活動の一つとして認知されてしまっているために、あまり良くないイメージを持っている人は、多いのかもしれませんが大切な人を弔う手助けをしたい、という仏教の考え方は不変である、という風に言っていいかもしれません。 しかし、このようなビジネスにいっぱいしてしまえば、お寺は、寺をたたむだけで、済むのかもしれませんが、利用者にとってみれば、亡くなった人の遺骨を持って、出て行ってください、という風に言われてしまうことに等しく、永大供養などを頼んでいたとしても、全く意味がなくなってしまうという風な点から見れば、やや、リスクがあるやり方である、ということは、間違いないと言えるかもしれません。