納骨堂とイメージの転換

納骨堂といわれるものは、一時的に亡くなった人の遺骨を、保管しておくというイメージが強かったわけで、古来から、そのようなイメージは、ずっと続いてきたわけですが、現代においては、その、一時的に骨を預ける場所として、機能していたはずの、納骨堂に、半永久的に骨を預けるということが、可能になってきたのは、文化の変化であるというふうに、考えられているわけでしょう。このような、納骨堂の事情に詳しいある人の話では、「今、納骨堂と呼ばれるものは、一時的に利用するものでは決してなく、法律的にも、全く問題の無い範囲で、永久的に骨を預かり、供養することができる施設に、変化したと考えられていますし、そのような、納骨堂は、今後とも、より一層増えていく可能性がある、というふうに考えていいのではないでしょうか?」という人もいるなど、遺骨をめぐる状況は、大きく変化している現状があることは、間違いないと、言えるのかもしれません。いずれにしても、納骨堂が、このように変化したということは、現代社会の変化とも、対応しているわけで、複雑な社会を反映しているということは、間違いなく言えるでしょうし、一つ一つ丁寧にケアをしていかなければ、人の心を忘れてしまう、という段階にもなりかねない、ということは、間違いなく言えるかもしれません。納骨堂をめぐる問題として挙げられるのは、料金で、現在では最先端の納骨堂が出てきてから、まだ、あまり時間が経っていないために、料金など、平均価格が定められていないようなケースを、よく見かけるわけですが、具体的な金額がいくらに定まるのか、という点については、これからの市場の動きを、見極める必要があるということは、間違いなく言えるかもしれ