納骨堂とIT化

コンピューター制御によって、遺骨が運ばれたり、様々なものが運ばれたりする、納骨堂が存在している中で、このような機会を作っているメーカーというのも存在しており、非常に、低コストで納骨堂に提供できる機会を作っているメーカーは、新たなビジネスになるという風に睨んでいる人もいるようです。また、このような納骨堂に関しては、遺族が参拝に来たけれども、納骨堂の扉が開かなかったとか、亡くなった人の写真が、ライトアップされなかったというような残念なケースになってしまうと、そのまま信頼を失ってしまうということにもなりかねないため、注意をしているというような話をしていたことを覚えていますが、このようにしてコンピューター化されたことによって、起こるデメリットのようなものも、存在しているということは、注意しておくことが必要だということは、確実に言えるかもしれません。さらには、納骨堂を耐震構造に仕上げることで、強い地震が起こっても、大丈夫ということを、売りにしているケースもあるようで、首都直下地震が起こる可能性が高まりつつある、などという風にも、インターネットの掲示板などでは、言われていることもあるわけですが、そのような中で、安心して、骨を預けることができるということも、大きなメリットである、という風に言えるかもしれません。一般的に、墓地と呼ばれるものは、地面の中に、遺骨を埋めるという景色を、そのように呼ぶようですが、遺骨をある場所に収める、というような意味合いで言われるのが、納骨堂であるという、ある程度の区別があるようです。