お墓のたたみかた

お墓をしまうことに関しては、親戚の間で意見が割れて大きなトラブルとなってしまうケースも、よく見受けられ、このような場合に、どのような基準を、重要視して決めるのか、ということは、あまり考えられていなかったように感じられます。簡単に言ってしまえば、納骨堂の場合は、どのような場合であれ、常に、遺骨を清潔に保つことができるほか、ビルが崩れたりしない限りは、簡単に、アクセスすることができるし、様々な人に、自分自身や、先祖の骨がある場所を教えやすいということも挙げられるわけです。外のお墓であれば、定期的な掃き掃除をしなければならないなど、、面倒が様々にあったりするわけで、そういう点から見ると、幾分納骨堂の方が、楽でスムーズにいくということは、確実に言えるかもしれません。その一方で、そもそも墓石がないということ自体に、違和感を感じる、ご高齢の人は多いという風に感じています。形式そのものを、非常に重視するのは、ご高齢の方の特徴である、というふうに考えられますが、若い人などであれば、形式よりも想いを重視するという人は、多いのかもしれません。ご高齢の人の場合には、墓石という石、自体を権威として捉える人が多いため、これは、昔のお墓が多く建てられていた時代の、考え方を、端的に表している、という風に言えるかもしれません。しかし最近では家族を持たない人が非常に多くなってきたり、独身のまま、生涯を終えるという人も多なってきたため、自分自身のことで、トラブルになったり、問題を起こしたりすることは、嫌であるというふうに考えている人が多くなってきたことは、間違いありません。から、このような場合において、墓石を建ててしまうことで、トラブルのきっかけとなってしまうということ、ふうに考えている人が、増えてきているということは、間違いないという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です