葬儀社に事前に聞いておくこと

葬儀社はプロなので、いろんな疑問に答えてくれるようです。急に会葬者が増えても、やって欲しいことが変わっても、対応してくれるようです。もちろん料金が変わってくるというのもあると思いますが。そうした葬儀社と喪主が打ち合わせをしなければならないそうです。受付はどうするとか、挨拶のタイミング、僧侶への連絡など、いろいろあるようです。菩提寺がない場合は、葬儀社が手配してくれたりするようです。自分で探すこともできるようなので、近所のお寺を訪ねてみるのもいいかもしれません。インターネットで探すということもできるようなので、檀家になるかならないかは別として、お葬式の導師を頼むといいと思います。

通夜から精進落しまでの流れで喪主が挨拶をするのですが、それが4回あるそうです。式次第に関係してくることなので、よく打ち合わせをした方がいいようです。喪主が手配しなければならないのは、弔事を頼む人、香典を管理する人、会葬礼状のぶん面、僧侶への連絡、世話役の手配といったところだそうです。会葬礼状の文面は葬儀社が考えたものがありますが、そこに故人の歴史などを伝えたい場合は、それを用意しなければならないようです。世話役というのは、通夜や葬儀で親族たちに代わって裏方をしてくれる人のことだそうです。葬儀社のスタッフが対応してくれるところもありますが、会計係、受付などは葬儀社のスタッフがやらないことも多いようです。喪主の挨拶のタイミングは、通夜の最後と通夜振る舞いの最後、出棺時、精進落しのときだそうです。喪主以外の親族の役割として、会計・受付があるかと思います。特に、香典は人任せにしてはいけないそうです。信頼できる親族が担当すれば安心だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *