臨終から葬儀後までの流れ

人間が生きていく上で、「死」というものは誰にでも公平に訪れるものと言えるのではないでしょうか。しかし、その到来というのは人それぞれ様々と言えるでしょう。一般的に、死が訪れる時を「臨終」と呼んでおり、事故などで突然に訪れる場合や、危篤状態の場合、その覚悟を要する場合があるのも否定できないと言えるでしょう。「その時」が突然訪れてしまった場合、ショックも混乱も想像だにできないというのが正直なところでしょう。しかし、闘病期間などで危篤状態を宣言された場合などには、速やかに近親者に連絡をしなければならないと言えるでしょう。このような場合の連絡は、深夜や早朝でも関係なく、とにかく「最期の時が近い」ということを知らせるのが先決でしょう。必ずしも付き添っている時間とは限らないため、病院などから危篤の連絡があった場合、慌てずに親戚や知人に連絡を出来るように準備しておくとよいでしょう。最期に立ち会ってほしい人がいる場合などは特に速やかに連絡しましょう。これは緊急の場合がほとんどですので、電話で連絡するのが一番でしょう。病室などでの面会の場合、たくさんの人に知らせてしまうと周囲に迷惑をかけることも否定できないため、近親者以外は最小限の人数にとどめることも考えておきましょう。近年では終活という言葉もある通り、遺言や意思を遺される方も少なくないため、少し気は重い事かもしれませんが、死後のことについて希望を聞いておくのも優しさであるかもしれません。葬儀やお墓のことなどについて「縁起悪い」なんて言わずに話し合っておくのも、臨終後に慌てずに見送れる準備ができると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です