手元供養について

手元供養という供養の仕方は、あまり言葉自体馴染みないかもしれませんが、多くの人が実践している方法でもあり、遺骨は自分自身の家に安置したままにして、供養するという形式のことをいい、お墓が見つからないから、このような形式を取っているという人もいれば、なるべく亡くなった人の遺骨を近くに置いておきたいという思いから、自宅で供養をしているという人もいるようです。自宅の供養は、お墓を作らずに済むため比較的安く済みますが、一般的な流れとしては、お墓を別に作って、その中の骨の一部を自宅に骨壷に入れて安置するという形式をとる人が多いようです。そのような形式をとる人の中で、多いのは、自分が住んでいる所と亡くなった人が入ったお墓が、距離的に非常に遠いため、頻繁にお墓参りをすることができないので、代わりに自分自身の近くに遺骨を置いておくという風に考えている人もいるというふうに聞いたことがあります。最近では、ホームセンターなどに行けば、遺骨を一部映しておいておくためのアクセサリーや、ツボなども売っているため、探せば簡単に見つかるものでありそれだけ、一般的になっているという風に言えるかもしれません。上述したように最近ではなくなった人の骨の一部おアクセサリーの中に入れて持ち歩くという人もいて、亡くなった人を常に忘れないようにしたいという心からの思いの表れであるということが言えるかもしれませんし、最近、話題になったものでは、亡くなった人の遺骨からダイヤモンドを人工的に作ることができるというサービスも登場しているようですね。少し怖いものではあるかもしれませんが、亡くなった人との思いを繋ぐものの一つであるという風に考えれば利用したい人がたくさんいるというのも頷けるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *