遺骨の安置場所

火葬した後の遺骨を家の中に置いておくということ自体は、法律的に問題はないというふうに聞いたことがありますが、埋葬の方法について決められたものがないということが、その理由であるようです。自宅で安置しておくということは、全く問題がないわけですが、世間体や親戚からの意見では、きちんとしたお墓に入れた方が良いなどという風に言ってくる人も多いかもしれませんが、自分自身とその人の繋がりがどのようなものであったのかということと自分自身の意見に基づいて決めることが重要だという風に言えるのではないでしょうか?亡くなった人とよく旅行に行っていたなどという人の例では、その人の遺骨を常にそばに置いておくことで一緒に旅行を楽しんだりしたというケースもあるようです。最近では手元供養をする場合であっても、堂々と遺骨を仏前に置いておくというケースは相当少なくなってきており、大切な人を身近に感じられるようになるべくそばに遺骨を置いておくということが何度もなされてきたわけです。最近では、生きていた頃と同じようにしてそばにいてほしいという風に考える人が多くなってきたことが、遺骨を加工したアクセサリーが流行している一つの理由であるとも言えるかもしれません。自分自身のために手元に置いておくということは、やや主観的な考え方であるという風に言えなくもないわけですが、亡くなった人を思い偲ぶ気持ちが強いからこそ、そのようにするわけで悲しい気持ちを忘れず抱えながら一歩進んだ気持ちでこれからの将来を歩んでいくという気持ちを新たにすることができる供養の方法であると言えるのではないかと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *