埋葬

ひとくちに「お墓」といっても、その種類は3つもあるというのをご存知でしょうか?お墓を購入するというのは、土地の購入とは遣っており、その場所を使用する権利を買うということになるようです。そのため、お墓というものは好きな場所に自由に建てていいというわけではないと言えるでしょう。お墓が建てられる場所というのは、法によって許可を得た場所だけと言われているようです。つまり、故人や自身が入るお墓がないというときには、墓地の購入から始めなくてはならないと言えるでしょう。墓地というのは、経営をする団体によって「寺院墓地」「公営墓地」「民営墓地」という3種類に分けられているようです。他にも「お墓」の種類として霊園や納骨堂といったものも耳にしますが、墓地については3種類と考えておくと良いでしょう。3種類それぞれのメリットやデメリットを考慮した上で、家族とよく相談をして購入するようにしましょう。先ほども触れましたが、墓地の購入というのは、土地そのものを買うということではなく、購入によって得られるものは、墓地内のある一画に「墓を建てる土地として使用する権利」と言えるでしょう。この権利のことを「永代使用権」と呼び、このときに支払う金銭を「永代使用料」または「墓地使用料」と呼んでいるようです。永代使用権は、祭杷財産として子孫へ継承することは可能とされていますが、売却することは不可となっているようです。墓地を手放した場合、土地の権利を持つ運営団体に使用権が返却されることになっているようです。葬儀というのも未知だらけの経験と言えるでしょうが、お墓選びや購入というのも普段全く触れない世界と言えるため、できるだけ多くの知識を集め、検討していけると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です