合葬とは

最近は高齢化や価値観の変容が影響して、無縁墓が増えています。継承者にお墓の管理能力が無いことが予め想定される場合、合葬という選択も考えられます。合葬とは、同じ墓に様々な家系の遺骨が纏めて葬られることを指します。この形態は公営墓地でも民間霊園でも見ることが出来ます。但し呼び方はそれぞれ異なっており、公営の場合は合葬墓、共同墓などと呼びますが、民間の場合は永代供養墓と呼ぶことが多いようです。合葬は継承とは無関係に、運営会社や寺院が存続する限り、永遠に管理され続けます。一箇所に多くの遺骨を埋める必要があるため、骨壺や骨箱から遺骨を取り出して埋めることもあります。

その場合は別の家系の骨と混ざってしまうことになります。さて、高齢化と共にお墓の文化に影響を与えているのが、少子化です。最近は一人っ子同士が結婚するケースも増えており、その場合は両家の墓の管理が問題となります。実は両家の墓の継承者を1人に纏めることは認められているのですが、煩雑な手続きや管理料の支払いが大変であることから、夫と妻がそれぞれ自分の家系の墓を継承することもあります。また別の解決法として、両家の墓を一つにしてしまうことも考えられます。つまり墓石に「~家の墓」を2つ刻むことで、管理を楽にすることが出来るのです。但し、両家墓を作るのには幾つかの条件をクリアしなければなりません。例えば、2つのお墓の宗教、宗派が異なっている場合、継承者夫婦が合意しても、親戚が許さない可能性があります。また両家共にお墓に関するこだわりがあるでしょうから、それを無視して纏めることの無いように、十分話し合わなければなりません。筆者の知り合いに、異なる檀家の両家墓を実現しようとして困っている人がいますが、準備もせずに夫婦だけで決めてしまうと大変なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です