遺灰をお墓に直接!?

一般的な日本での納骨の順序は、火葬場でお骨上げをおこない、骨壺などに納め、墓に納めるというものです。けれど、青森県や北海道の一部では収骨、お骨上げした骨を墓にそのまま注ぐように入れるという納骨方法をとっているそうです。青森県の人々はお墓にお骨を直接撒くような形でお墓に入れるのが当然とすることも多く、骨壺の存在を知らなかったというかたがいらっしゃるそうです。骨壺が当たり前、自分の常識が当たり前と思い込んでしまうのは思想的に危ないことなのかもしれませんね。お葬式などの場で非常識な行動をとってしまうのは避けたいところですし。しかし青森県のそのままお骨をお墓に納めるやりかたは、後述しますがお墓の形状の違いによっては、一度骨壺にお骨を納め、その後土になっている納骨部にお骨が土にかえるように骨壺の底を割ったり土の部分にお骨を撒いたりする場合があるので、故人が土にかえるようにするという意味合いでは同じ行為だと考えてもいいでしょう。
では、お墓の形状によって何が変わってくるのか。それは収骨や納骨のやり方です。お墓の中の骨壺を収納するカロートというスペースが、底にあたる部分が石でできているお墓の場合はそこに骨壺を置くようにして納骨します。しかしカロートが土の部分になっているお墓もあります。お骨が土にかえるようにとなっている造りで、ここに前述したようにお骨を撒いたり、骨壺の底を割るというわけです。
納骨ひとつとっても、地域性だけでなく骨壺の形やお骨上げの仕方、お墓の形状など様々な要因が絡み合い複雑化しているのかもしれません。自分の地域や家はどうなっているのか考えてみるのも終活の一環かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です